中綴じ印刷で自社の商品を宣伝しよう|低コストで作れる

美しく仕上がります

印刷

ロスを気にする必要無し

パンフレットや商品カタログなど、少ないページ数の小冊子を大量に作りたい場合、印刷会社に中綴じ印刷を依頼すると良いでしょう。もし自分で全て作業を行うとしたら、非常に時間とコストが掛かり、仕上がりも不揃いになってしまいます。しかし、印刷会社で処理する中綴じ印刷なら、安くて美しい仕上がりになるのです。通常、中綴じ印刷を行う場合、業務用の印刷機を使用します。パンフレットやポストカードの印刷でも使用する、高品質の印刷機のため、印刷そのものの美しさは変わりません。つまり、使用する用紙を変えることが出来るため、一般的な上質紙やコート紙以外にも、厚手で光沢のあるアートポストなど、用途に応じて用紙を選ぶことが出来ます。そして、中綴じ印刷をするうえで、人の手で同じ仕上がりに揃えることが難しい作業が「折り」「綴じ」「断裁」の、3つの工程です。特に断裁は、厚みのある紙を折りたたむと、内側にある紙が外に飛び出すため、美しく仕上げるためには飛び出した部分を揃えるため、カットする必要があります。これを人の手で行えば相当の熟練の技術が必要になるため、全て機械で行う印刷会社に依頼するメリットはとても大きくなります。もうひとつ中綴じ印刷で重要なことは、製本した時に正しいページになるように計算して印刷することです。これを自分でやろうとすると、どこにどのページがくるのか混乱し、ミスプリントを重ねることになってしまいます。印刷会社ではページを合わせるノウハウを持っているため、ページ数の少ない場合でも、ロスを気にする必要が無いため、印刷会社にお任せするのが無難です。

ノベルティ

制作は業者に任せよう

自作でオリジナルノベルティグッズを制作する際には、様々な種類を豊富に扱っているショップを利用するようにしましょう。しかし、ショップを選ぶ時には、見積もりができるかなどの確認をしておくことが大切です。また、短い期間で納期ができるところを選ぶことによって、忙しい人でもすぐに制作することが可能となります。

ポリ袋

ネットショップで活用

ネットショップで商品を送付するときにはOPPによる梱包がお勧めです。OPPは丈夫なため、送付するときに中の商品を壊さずに送付することができます。専門店で簡単に購入することができ、価格も安いので大量の商品を扱うネットショップにうってつけです。

封筒

ブランディングに効果的

封筒印刷はブランディングに効果的です。自社印刷よりも業者に依頼する方がクオリティが高く、早くでき、手間もかからないためおすすめです。業者を選ぶときは実績、ノウハウ、費用、クオリティなどに注意して選ぶとよいでしょう。